2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
日本の原発密度は世界平均の186倍!
2012-02-07 Tue 00:00
・な、な、なんと! 日本の原発密度は世界平均の186倍!
 日本の原発密度は世界平均の186倍! 巨大地震発生頻度は世界平均の293倍! 火山密度は100倍! 若狭湾の原発密度は世界平均の4384倍(日本全国平均の23.6倍)! 「日本に安心して住める場所はない」(平原和朗)
 →日本の原発密度は世界平均の186倍!

1202062.png・小出京大助教が小美玉で講演 子どもたちを守って!
 昨日午後、茨城県南の小美玉市で小出先生の講演会が行われた。職場の友達も午前中の仕事を早く終わらせて急いで会場へ行くと言っていた。私は行かないのかと尋ねられたが、時間に間に合わない事もあるが、私が座席を占めるよりも別の方に座っていただく方がより良いと思うので行く事はしなかった。
・小美玉市長も脱原発

・『最大250ミリシーベルト以上の放射線を浴びても、私は自分の意思で働く』

・福島強被曝地域における死者数は隠蔽されてたが大熊町で高汚染遺体が発見報道された

・1986年4月チェルノブイリ事故の年に何が起きたのか? 日本や韓国で若者たちが続々と急死した。大半が心不全、当時は扇風機のせいにされた

・逃げろ!と書くと「福島県民の心情を理解しない発言」と来る

・これから福島・栃木・群馬・茨城・千葉・東京でも同じことが起きる

・「身体の不調を訴えると、この町に住めなくなる、だれにも言うなと母に言われた。」
 水俣に限らず、多くの公害問題への反省をしなかったつけが、ここへ再び回ってきたとも言える。

・「NHK追跡!真相ファイル」に対するアトム真理教老人会の抗議
 →「原子力ムラからNHKへの抗議と要望について」

・日本の原子力マフィアの会員名簿

本日の放射線簡易測定:武蔵野の実家への往復、常磐道を走りながら先日、自宅周辺を測ってみた堀場のPA-1000 Radiで放射線量の動きを観察してみた。午後は雨が降って来たため、往路よりも復路の方が高めに出ていた。武蔵野0.040-大泉0.045-三郷0.125-柏0.254-守谷0.238-桜土浦0.145-阿見(竹来0.239)-自宅0.201といった感じだ。守谷や柏はホットスポットになっているので高値を示したのは予想通りだったが、自宅周辺や阿見がそれらにも匹敵する値を示したのはいささかショック。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:8 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター