2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
久々の変光星、火星にはアキダリアの海、Garradd彗星はM92に最接近
2012-02-04 Sat 13:24
今夜の観測:久しぶりに夜半前に変光星の観測をした。U Monが暗くなっている。ε Aur3.1等、RX Lep6.1等、U Mon7.3等、W Ori6.5等、α Ori0.6等。

その後、火星を見た。ここ最近見ていた明け方3時の火星面には、北西部辺縁にアキダリアの海が見え隠れしていたが、23時の火星面はかなり賑やかだった。

mars1202033.png65Pでもアキダリアの海、その南にはオーロラ海、さらにサバ人の海や太陽湖なども見えていた。

mars1202034.png65Pでこれだけ見えればC8ではどれだけ見えるかと期待したが、シンチレーションと温度順応の影響だろうか、却って見えにくいような感じがした。

火星を見た後、数時間仮眠。今夜はGarradd彗星がM92へ最も近づく。

120204.jpg180mm望遠でささっと写した。

1202042.jpgそれから、デジイチボディをNCT-12へ付け替える。ベガを使ってバーティノフマスクでピント合わせ。ここまでは順調。ところが、Garradd彗星とM92を写野へ入れるのにえらい手間取ってしまった。2枚の写真の時間差はそう言う理由。朝がまだ遅いから助かった。

別窓 | 観測日記 | コメント:0 | トラックバック:0
自宅周辺の線量
2012-02-04 Sat 00:00
1201303.jpgシンチレーション式のカウンターで自宅内と周辺を測ってみた。γ線のみを数えているがDP802iよりも感度と再現性が良いと感じる。住居内は床面でも0.08~0.15μSv/hの範囲に収まっているようだ。観測小屋の床面を測ったところ0.2μSv/hの場所があった。少し高めだが滞在時間は短いので年間40μSv以内だと思うので健康被害への寄与は小さいと思われる。屋外はどうかというと、隣家との境界1m高で0.21~0.27μSv/hだった。その後、家の前の公道脇の数カ所を測ってみた。1m高で0.24~0.38μSv/h、通学路なので50cm高も測ってみたが0.33~0.40μSv/h。雑草の上ではあるが場所によっては0mで写真の様な値が出るところもあった。これはちょっと高いよなぁ。近いうちに役場に相談しに行こうと思う。林や篠薮その他雑草地など樹木の多い所ほど高線量の傾向で、緑豊かであることが却って災いになるとはなんとも腹立たしいことだ。

・北京でも高速増殖炉で事故?

・バンダジェフスキー夫妻へのインタビュー

・サクリファイス(チェルノブイリの犠牲者) The Sacrifice(24分)
 福1の英雄たちの将来を予測する様なドキュメント。

・乳児食品の政府基準はキロ100ベクレル!
・政府の新基準、乳児にキロ100ベクレルは、大人にキロ10000ベクレル超

・我々は本当に存在する放射能の半分しか見ていない!→半分どころか、3分の1、4分の1、5分の1かも

・ドキュメンタリ解説「放射能はいらない」

・「廃炉と除染で今後何十年も食える」
 仕事は無くならないし食わしてもらえるのだから即廃炉作業へ移ってくれ。

・原発の見えなかったコストを解明

・ゴミは分別した方がエコというのは本当か

・Googleマップのストリートビューで削除依頼する方法

1202032.png・県環境審議会、霞ケ浦の水質目標設定 西浦、北浦それぞれに対策実施
 この時節に放射能の「ホ」の字も無いってどういうこと?

・京都新聞に電話してみた

・原発作業:偽装請負、全国で横行
・違法な「偽装請負」のおかげで原発は稼動してきた。ということをわかりやすく
 違法を前提にしなくては運用できない原発はどう体裁を整えたとしても違法だということで、それは電気が足りるとか足りないの問題ではなく、今日本は法治国家をやめるかどうかの根本問題を突きつけられていることになる。何かにつけ国の脱法行為が散見されるのも、法治国家の基礎がグズグズになっている事の現れなのだと思う。
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:10 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター