2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
毎日毎日こう原発トラブルのニュースが続いては
2012-01-22 Sun 00:00
・もんじゅだけじゃないのか 柏崎刈羽でも
 昨年7月6日、12月27日、今年に入って1月13日と東海第2原発は火災続き、また昨日はもんじゅのトラブル隠蔽、今日は柏崎刈羽の制御棒誤動作が明らかになった。誤動作の原因が分からないのにあいかわらず保安院は「安全上の問題はない」ですと。「勝手に」奥まで挿入されたということは、「勝手に」引き抜かれて暴走状態になることがありうるということではないのか。現在最高レベルの安全態勢にあるはずの国内の原発でこう次々とトラブルが発生しているとなると、これは今の日本には原発の安全を維持する能力が無い、判断能力が無いと考えるのが自然だと思う。少なくとも現在の原発とそれらに携わって来た人たちは要求される安全レベルに達していないので即刻廃炉ならびに引退していただくべきだ。これからの若者に数十年かけてしっかりとした技術を身に付けてもらいやがて指導的立場になっていただき、その後原発を新設するかの議論を始めて頂くのが道筋ではないか。国民の命と生活を守ることを第一に考えるのであればそれからでも決して遅くはないと思う。

・原発偽装請負、所長「他の事業所もやっている」

・原発「補償料」7倍に引き上げ
 数百兆円に達するとも言われる今回の被害額を考えると、年間2億4000万円でもまったく焼け石に水。原発をやめさえすればこんな支出は必要なくなる。

・ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告
 ICRPのリスク評価は甘過ぎると言われるが、ECRRはその対極にある感じ。どちらもこのままでは受け入れにくいなぁ。

1月21日に福島市で開催された小出裕章さんの講演会の録画。
・小出裕章氏講演会~考えよう、わたしたちと子どものあした。~第1部
・小出裕章氏講演会~考えよう、わたしたちと子どものあした。~第1部
・小出裕章氏講演会~考えよう、わたしたちと子どものあした。~第2部
・小出裕章氏講演会~考えよう、わたしたちと子どものあした。~第2部
・小出裕章氏講演会~考えよう、わたしたちと子どものあした。~第2部
別窓 | 大震災・原発・社会 | コメント:10 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター