2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
「晴れ」の定義が変わったのか
2011-08-24 Wed 00:00
今日の昼間の気温は30℃そこそこだったが蒸し暑かった。
時間が出来たので小屋の壁にガルバの角波板を4枚張ってみた。巧く張れたと思いきや、張り方を間違えていたことが判明、すべて外してやり直し。そもそも壁を張る前にレールのLアングルの錆を落として錆止め塗料を塗っておかなくてはならなかった。やれやれいつになったら壁を張り終えられることやら。明日も雨が降るらしい。ビスを抜いた100カ所の穴からまた雨が染み込んでしまう。

 機器設置準備完了 秋雨の入り
 続く雨 今宵も開かず小屋の屋根
 秋雨で完成足踏み 雨の漏り

今夜の観測:天気予報では今夜はずっと晴れなのだが全天を雲が覆って2等星がやっと。こういう空でも晴れという時代になってしまったのかもしれない。η Aql4.3等、R CrB11.1等未満、P Cyg4.7等、W Cyg6.5等、β Lyr3.9等、R Sct5.8等。ほとんど曇りだが、Garradd彗星を20cmシュミカセで観望。
別窓 | 観測日記 | コメント:5 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター