2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『遊星植民説』を少女に朗読してもらう
2010-10-25 Mon 01:11
101025.jpg『朗読少女』というiPhoneアプリがある。少女が小説を朗読してくれるという、そのままのアプリだ(おさわりもありというおやじ趣味の部分もあるが)。

ストアの品揃えはまだわずかで、『羅生門』『智恵子抄』『銀河鉄道の夜』などの超有名作品が数点並んでいるだけなのだが、その中に一風変わった作品があった。

1010252.jpg海野十三『遊星植民説』。あらすじは右写真をお読みいただくとして、この『遊星植民説』はWiki海野十三項目には書かれていない。自分はSFにはとんと疎いので、これが有名な作品なのかレアなものなのか全く分からない。

小説の方はこれから面白くなりそうなところで唐突に終わってしまう。おいおい。
別窓 | 雨天曇天月夜日記 | コメント:4 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター