2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
梅雨明けの観望会 +サプライズ
2010-07-17 Sat 00:00
1007163.jpg昨日も書いたが、昼間東方向に立ち上がる積雲、積乱雲が実にきれいだ。太平洋高気圧が来た~!と言う感じ。

1007161.jpg夕方になっても晴れ上がっている。各地で大変な被害を出した梅雨前線だったが、幸い当地には顕著な被害も無く、この後照り込めば美味しい米がたくさん穫れそうだ。

1007162.jpg先日予告を書いたが、こんなにすばらしいコンディションで始められる観望会はしばらくぶりだ。参加者も募集枠を上回る40人と大盛況。観望対象として、ただいまJAXAのあかつきとイカロスが探査へ向かっている金星、環が少し開きかけた土星、月齢5の月の欠け際の拡大を順番に見てもらう。時間があれば火星、M13あたりも予定していたのだが、雲がどんどん覆って来て朧金星、朧土星、朧月になってしまった。しかし、さすが口径30cmのタカハシMT-300とTOA-150のおかげで観望会は十分楽しんでいただけたようだ。
観望会の合間に4目測。AF Cyg7.2等、V568 Cyg6.5等、X Cyg6.8等、β Lyr3.4等。

観望会が終わってからサプライズがあった。1年半前の観望会報告の中で紹介したF君、しばらく見ないうちに大人っぽくなっていた。やっぱり小6と中2の差は大きいなぁと感心していたら、F君の同級生の女の子二人が同好会へ入会したいと申し出て来て、おじさんたちびっくり。若い世代のF君が入会してくれて喜んでいたら、そのF君が芋蔓式にさらに輪を広げてくれていたとは。それも女の子二人、F君、なかなか隅に置けない。
その他、参加者の中に私のブログをご存知だった方がいたり、割と近くで火事が発生したり、何かと盛りだくさんの観望会だった。
別窓 | 遠征・観望会・プラネ | コメント:4 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター