2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
流星号、応答せよ、流星号
2010-07-09 Fri 00:00
『MaclMart-J branch』のtochiroさんがiPhone4のアンテナ問題について書いている「アンテナ問題に関するいい加減な考察」に、懐かしのスーパージェッターが登場していた。

100708.jpgスーパージェッター、小学校3年生当時に好きなテレビアニメだった。流星号のような、愛車というかロボットの友達がいたらいいなぁと思っていた。子供心にも、ヒューマノイドではないロボットの方がお互いの居場所が錯綜しなくて安心感を感じていたのかもしれない。だいたい、隣にアトムみたいなのが四六時中いたら鬱陶しい気がする。その上、時間を止めるタイムストッパーのような1000年後になってもあり得そうも無い小道具よりも、流星号の筐体に使われている堅くてしなやかなハイチタン鋼という素材に科学の心を刺激されもした。科学技術の進歩が思った以上に速ければ、タイムマシーン機能の無いプロトタイプならば作れそうな気がした流星号、欲しかったなぁ。バットマンカーも欲しかったけど。

このところ天気が悪くて観測ネタがちっとも無いので、他所の記事をネタにさせてもらってばかり。興味深い記事を提供してくださるみなさま、ありがとうございます。

1007082.jpg今夜の観測:それでも今夜は少し星が見えた。雲の切れ間を双眼鏡で見ると案外透明度は良い(7月1日のコメントと同じだ)。AF Cyg7.6等、P Cyg4.7等、Y Cyg6.7等、X Her6.5等、β Lyr3.8等、R Sct5.9等。すぐに雲が増えて終了。
別窓 | 雑感 | コメント:26 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター