2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
火星スケッチ 2010年02月
2010-02-05 Fri 08:19
mars1002051.jpg2010年02月05日 04時25分。視直径14″。シーイングまずまず。火星像もまぁまぁ安定している。大シルチスが中央にど~んと見える。途中、電池切れのためTG-HDモーターが追尾しなくなり、火星は西を目指して視野を足早に駆け抜けようとする。まさに去ろうとする火星の心情か。気温-4℃。
火星スケッチ 2010年02月の続きを読む
別窓 | 火星アルバム | トラックバック:0
北尾浩一さんのこと
2010-02-05 Fri 00:10
100125.jpgここ最近、気になっている人がいる。昨年末の記事で短く触れた天文民俗学の北尾浩一さん。多数の著書の他、東亜天文学会『天界』2010年1月号までに「天文民俗学試論」を141回連載されている。これほどの膨大なデータを採集する為にはどれだけ精力的なフィールドワークをされて来たのだろうか、想像の域を超えている。

東亜天文学会民俗課ホームページ「天文民俗学試論(1)」の「はじめに」から冒頭の一部を抜粋する。これはホームページだけでなく著書すべてに貫かれている北尾民俗学の視点と言える。

「星と暮らした人びとの言葉の力はものすごい。そこには、自然認識の力、生きる力、的確な判断力…と、私たちが失ってしまったすばらしいものがいっぱいある。だからこそ、星の伝承を、今では役に立たないもの、非科学的なものとして捉えるのではなく、あるいは、ふるさと的なもの、ロマンを感じさせてくれるものとして捉える段階にとどまるのではなく、21世紀、人間の生き方を考えるときに大きな示唆となるものとして捉えていきたい。」

今夜の観測:あとで曇られると癪だから、帰宅してすぐ変光星だけ見ておく。ε Aur3.6等、ο Cet5.1等、R Lep7.2等、RX Lep5.4等、T Mon6.4等、U Mon6.2等、α Ori0.6等。火星は懲りずに寝過ごし覚悟の早朝観望だな。

mars1002051.jpg[追記]4時起き成功。気温-4℃。まずは、観測台の上の霜掻きから。シーイングまずまず。火星像はまぁまぁ安定している。大シルチスが中央にど~んと見える。そのうちに電池切れのためTG-HDモーターが追尾しなくなり、火星は西を目指して視野を足早に駆け抜けようとする。その後、土星をちらっと見たが、像が安定していて北赤道縞がすっきり見えていた。帰りがけに夏の変光星をいくつか。AF Cyg7.3等、P Cyg4.9等、χ Cyg6.8等、β Lyr3.7等。
別窓 | 雑感 | コメント:4 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター