2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
アリンの爪が正面に来た、、、のだが、、、
2010-01-16 Sat 00:01
15日夕方の日没帯食、東日本では見られなかったが、見られた地域のみなさんは如何だっただろうか。
100115.pngさて、火星はというと、子午線の湾(別名アリンの爪)が正面に見えるようになって来た。アキダリアや大シルチスに比べると小さい地形なので、見えるか見えないかはシーイングの影響が大きそうだ。それでも北海道の凶暴なシンチレーションと戦いながらHGさんが写したアリンの爪の写真を拝見し、眼視であれば6.5cmでも見えるように感じられた。今夜21時ころ正面やや南に黒い影が見えたらそれがアリンの爪だ[シミュレーション:右図]。

mars1001151.jpg今夜の観測:隣家の屋根から現れるのを待って見てみたが、ぼけぼけぶよぶよでほとんど何も見えない。上空の大気の揺らぎ以外に、住居から出る熱の影響が加わっているのだろうか?数時間後に再挑戦する元気は無いので明日もう少し遅い時刻に見る事にする。
変光星は、ε Aur3.5等、ο Cet4.9等、R Lep7.2等、RX Lep5.8等、T Mon6.6等、U Mon5.7等、W Ori6.2等、α Ori0.6等。
別窓 | 観測日記 | コメント:2 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター