2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
四日市市で『星のふるさと』関連イベント
2009-11-21 Sat 00:29
0911202.jpg先に、冊子「鈴木壽壽子『星のふるさと』のこころ」を作製した三重県四日市市人権センターでは、『星のふるさと』の心を読み取りながら夜空を見上げてみましょうという呼びかけを始めた。この冊子を読んで、メッセージと夜空のスケッチや写真を送ってくださいというもの。世界天文年2009の最後を締めくくるのではなく、ここから始まる未来へ向けての企画だ。冊子(あるいはPDF)を読んだ方であれば地域を問わず応募可能なので、全国のみなさまぜひご参加いただきたい。

近日中に同センターのホームページに詳しい要項が掲載されるはず。そのときには当ブログでもお知らせする予定だ。上の写真は本日速達で届いた募集チラシ、観望会お知らせなど。チラシと冊子は地元の公民館に置かせてもらおう。12月のふたご座流星群観望会へは参加したいな。

091119.jpg11月19日のWEB版読売新聞三重のページをご紹介。

記事の締めくくりが言葉足らずで、センター長の真意が十分表現されていないようなので補足させていただくと、同センターでは対公害問題という限定された視点だけで『星のふるさと』を評価しているわけではなく、もっと豊かな利用方法を考えているとのこと。
四日市市というのはもちろん『星のふるさと』誕生の地。1971年8月、四日市の空気の底で「おさかなみたいな」自分を発見した小さな女の子に、アップアップせずに暮らせる空気と、星の降るような夏の夜とを、もう一度返してあげたい、という壽壽子さんの祈りのいくらかは現実となったが、また一方では今なお改善の目処の立たない問題も残る。壽壽子さんが残された祈りを少しでも早く実現して報告したいものだ。
別窓 | 『星のふるさと』 | コメント:4 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター