2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
反物質のことなど聞かれると嬉しくなったりなんかして
2009-05-11 Mon 00:28
0905102.jpg 職場の若者に「反物質って知ってます?」と聞かれた。テレビ番組中でCERNのLHC(大型陽子加速器)が紹介されたらしい。
 反物質から始まり、真空の意味、物質反物質の非対称性、CP対称性の破れ、小林益川理論、KEKのBファクトリーとノーベル賞、小柴昌俊とカミオカンデ、1987年の大マゼラン雲超新星爆発、戸塚洋二とスーパーカミオカンデ、ニュートリノ振動、J-PARC始動とT2K実験、LHC実験開始と事故、物質質量の起源、ヒッグス粒子、ブラックホール生成と社会問題、巨大物理学実験の社会的意味などなど20分ほどの間に一講義してしまった。
 「こういうことに興味を持つ人は少ないから話題を共有できなくてつまらないよ」と言ったら「知りたくても難しすぎて諦めてしまうのだと思いますよ」と言われた。確かにそうだ。ブルーバックス読んだって難しいものな。
[写真:ATLAS-Japan写真集ページより]

0905105.jpg0905104.png今夜の空:天気予報はすばらしい晴天なのだが、実際の空は薄曇りのため月はぼんやり見えても1等星は見えない。この空にこの予報はいかんでしょう。
別窓 | 宇宙と物理ネタ | コメント:9 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター