2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『天文年鑑2009年版』
2008-11-27 Thu 00:46
0811243.jpg 年末恒例の『天文年鑑』購入。2009年版の表紙を見て、オレンジカラーに8月1日の皆既日食の写真(左写真の左側)とはかなり意外な感じがした。というのは2008年版もオレンジカラーにマックノート彗星の写真(左写真の右側)だったので2年連続同じカラーだからだ。私が『天文年鑑』を買い始めた1969年版以降では初めての事になる(右写真)。0702024.jpg今後は毎年オレンジカラーで統一されるのだろうか。
 また写真についても、2009年中に余程の大天文ショーが突発しない限り2010年版の表紙写真は7月22日の皆既日食にほぼ決定だろうから、そうするとこれも2年連続皆既日食写真ということになりそうだ。
 因に私が初めて買った1969年版も皆既日食写真だった(右写真中央)。これは1968年に西シベリアで見られた皆既日食で、あのころは東西冷戦中のため日本からの観測者は皆既帯へ入る事を拒否されたと聞く。それで写真はソ連国営のタス通信提供のものが使われている。

今夜の観測:天気下り坂で星見は期待していなかったのだが、うす雲に覆われているようではあるが一応快晴。ミラ4.4等、χCyg4.7等、P Cyg4.9等、R Lep7.2等、RX Lep6.3等、W Ori6.9等。χCygは最近なんであんなに明るく感じていたのか不思議なくらい暗く感じられた。
別窓 | 星の本 | コメント:4 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター