2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『星のふるさと』 -衝撃のデビュー-
2008-09-30 Tue 12:18
最近やっている調べものというのは『星のふるさと』とその著者鈴木壽壽子さんについてだ。今回は観測界デビューとなった「6cm屈折望遠鏡による火星スケッチ」が世に出たときの事。

0809254.jpg 1971年10月号で募集された火星の観測記録の中から12名のスケッチが選考され翌1972年6月号で発表された。因みにこの号は誠文堂新光社創立60周年記念号でもあった(左)。

0809255.jpg 応募はどのくらいあったものか分からないが、12人の観測記録が選ばれ誌面に掲載されている。一人一人の記録へ付けられた佐伯先生の講評は厳しくもあり、また若い人へ向けた励ましにも満ちている。こういう記事は評価された本人にはもちろんのこと、その他大勢の読者にも勉強になる。古き良き時代の雑誌の姿を見るようだ。

 鈴木壽壽子さんは25点のスケッチを提出されその中から4点が掲載された(右)。佐伯先生はこれに最も長い講評を付けられ、かつ正の評価ばかり。末尾に感動の気持ちを露にしその衝撃の大きさを表明されている(→講評)。(上のスケッチの現物はカラーです)との但し書きが印刷されているが、確かに今となるとカラー印刷でないのが残念だ。

 付け足しで申し訳ないが、鈴木さんの下に掲載されている松田勝己さんの観測も、その正確さ、ていねいさ、素直さが高く評価されている。
[写真は『月刊天文ガイド』1971年10月号より]
別窓 | 『星のふるさと』 | コメント:4 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター