2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
タットル彗星、写っていました
2007-12-05 Wed 00:06
 12月2日、3日にタットル彗星を撮したが、慌ただしい週末だったためじっくり見ることが出来ずそのまま画像をアップしておいた。そしたらももさんが見つけ出してくれていた。すごい!

0712042.jpg今夜の観望:今夜もホームズ彗星に続いてタットル彗星を写した。で、今夜は自力で見つけられた(左写真)。ホームズ彗星は相変わらず全光度3.3等くらいありそうだし、火星も近づいて来ている。0712043.jpg
別窓 | 観測日記 | コメント:0 | トラックバック:0
下界はものすごい霧 火星を初撮影
2007-12-04 Tue 01:08
0712033.jpg 今夜の地元は運転が怖くなるような濃霧。幸い我が家は丘の上なので観望は可能。
 初めて火星を撮ってみた。やはり口径65mmでは厳しい。まぁ、少し模様が写っているので良しとする。

0712032.jpgその他の観望:ホームズ彗星は変わらず。今夜もタットル彗星のいそうな場所を撮したが未確認。0712034.jpg変光星はミラとαOri、U Mon。
別窓 | 観測日記 | コメント:2 | トラックバック:0
街灯の下で見ていた星空
2007-12-03 Mon 01:21
 私が最初に星を見たのは40年ほど前だが、団地に住んでいたため家の周囲は街灯だらけで、常に満月の夜のような明るさだった。そんな環境だったから肉眼で見えるのはせいぜい4等星まで。だからガイド撮影でなんとかフィルム上に7等星、8等星の星像を記録できただけでも何ものにも代え難い喜びをもたらしてくれた。
 kussiさんがご自分の掲示板(No.1177)に1970年頃の写真と思い出話を書かれていたが、同世代なので私にも懐かしい。「接眼レンズにクモの糸を張って明視野装置と鏡筒に付ける雲台を自作して、手動ガイドでたくさん撮影していました。懐かしいです。」とあるが、私もセメダインの糸で十字線を張って明視野装置を作った。コントローラーは石鹸箱。
 その頃のことを考えると星空にしろ機材にしろ今はなんと贅沢な星見をしていることかと思う。

071202.jpg今夜の観望:夕食後取り合えずホームズ彗星の撮影とミラの目測のみ済ませてから地元の同好会の例会へ参加。ときおり薄雲や靄のかかるコンディションだったがシーイングが良く火星がきれい。帰宅後はタットル彗星。写っているのかは未確認(下の写真)。0712022.jpg
別窓 | 天文少年の時代 | コメント:0 | トラックバック:0
40冊目の『天文年鑑』
2007-12-02 Sun 00:30
071130.jpg 2008年版『天文年鑑』は創刊60年、還暦だ。そして私にとっては40冊目に当たる。星を見始めた次の年から買い始め、途中星から疎遠になっていた年月も延々と買い続けてきた。あまり執着心の無い性格なので途中ですっぱりと購入をやめることもあり得たのに不思議だ。思うに、値段も廉価だし版も小型なのであまり邪魔にならなかったというのが一番の理由だろう。

071201.jpg今夜の観望:1週間ぶりに星が出た。とはいっても水蒸気タップリの空は月明かりもないのにドンヨリ。明け方起きしようと思うが取り合えずミラだけでも見ておこうと表へ出る。8.4等。しばらく見ない間に立派に明るくなったね。ホームズ彗星も見ないわけにはいかない。7倍の双眼鏡ならばけっこうしっかりと見える。25倍になると輪郭も不鮮明。ここまで来たら写真も撮ってしまおう。写真であればまだまだ行けそう。さてこのままタットル彗星も撮してみようとカメラの位置を調整している内にあれあれ全天皆曇。明け方まで待たなくて正解だった。
別窓 | 星の本 | コメント:2 | トラックバック:0
クリスマスにミラを見ようキャンペーン 光度曲線葉書をいただいた
2007-12-01 Sat 00:50
071126.jpg 半年ほど前から変光星を見始めたばかりなので日本変光星研究会が行っている『クリスマスにミラを見ようキャンペーン』へはもちろん初参加。日本変光星観測者連盟のメーリングリストへ観測報告を送っていることから「ミラを観測された方に光度曲線にその方の観測値をプロットしたはがきをお送りしています。○○さんの観測についてもぜひお送りしたいのですが、差し支えなければご住所をお教えいただけないでしょうか。」というメールを高橋進氏直々にいただいた。
0711262.gif で、送っていただいたのが上の葉書。自分の観測値は随分と中央値から外れているものだと改めて気付く。でもまぁ、あまり自分にバイアスは掛けないように自分の感じたままの目測値を今後も報告するつもり。[右図はその後9日分を加えた曲線で、赤点が私の観測値]
別窓 | 話題いろいろ | コメント:4 | トラックバック:0
BACK | 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター