2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
10月も半ばを過ぎたというのに星見の季節にならない で、テルミン
2007-10-17 Wed 07:07
071015.jpg 茨城県南は10月に入ってから本当に天候がすぐれない。地元脱出、遠征だ!と昨日今日の休みは福島県鹿角平(かのつのだいら)でやまのんさんとともに秋の夜の星見を楽しむつもりだったがあちらも天候が思わしくないのでやむなく中止。13日(土)の筑波実検植物園の観望会といい鹿角平といい、信じたくはないがどうやらかすてんは雨男化しているらしい。

 そこで買ったまま放っておいた『大人の科学マガジンVol.17 テルミンmini』を作ってみた(都会では売り切れ続出で増刷中らしい)。ふくださんの『塩屋天体観測所』掲示板にも書いたのだが我が家にはMoogのEtherwaveThereminMandarin ElectronのMatryomin、XecooのMiniTheremin XMT-2がすでにあるのでこれは4台目のテルミンになる。実は数年前にちょっとだけテルミンに凝ったことがあったが最近は放ったらかし。

 さて、ふろくのテルミンminiだが価格(2300円)を考えると素晴らしく良くできたテルミンだと思う[写真の赤い筐体]。作るのは簡単、15分でできる。チューニングもボリューム調整は分かりやすい。ただ、ゼロポイントを出すのがテルミン本体を押さえている左手の微妙な位置に影響するのでコツが分かるまでちょっと難しいかもしれない。例えばこんな音が出る。何か分かるかな?こちらもさわりだけだが音楽になっているかな?ちょっとした改造をすると音が格段によくなるらしいが部品が手元に無いのでそれはまたいつか。

 テルミンについてはその第一人者竹内正美さんのページ『テルミン・竹内・猫暮らし』をご覧下さい。この機会に書籍『テルミン エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男』、映画『テルミン』もお勧め。
別窓 | テルミン場の量子音楽 | コメント:2 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター