2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『都会で星空ウォッチング』
2007-07-11 Wed 00:00
070707.jpg 美しい天体写真を見るたびに思うのだが、実際に見えるものとのギャップがあまりにも大きくて多くの人にとって星は別の世界のものとしか感じられないのではないか。星への興味が本物になればその両方を楽しめるのだが、残念ながら星好きとなる人は少数派なわけだ。
 光害の激しい都会での星の楽しみ方を教えてくれるサイトとしては、例えばなかをさんの『ちょっとそこまで、星を見に...』の「街の中で天体観測!」やふくださんの『塩屋天体観測所』の「街中で星を見るために」などがある。
 この本も共通する視点で作られている。タイトルの通り、光害によって見られる星数が少ない都会の星空は星座の形も分かり易いよというもの。それだけだとつまらないが、より条件良く写された星野写真やハッブル宇宙望遠鏡、すばる望遠鏡などの写真、星座の話、機材の使い方、写真の撮り方、流星群の見方、などなど盛りだくさん。小百科とは言い過ぎかもしれないが星座の入門書として良いと思う。
別窓 | 星の本 | コメント:4 | トラックバック:2
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター