2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
国民的な星見イベント「七夕」は旧暦で
2007-07-08 Sun 00:00
0707072.jpg 今年の七夕、私の所では雲がビュンビュン流れていく切れ間になんとか夏の大三角を撮せた。国民的な星見イベントである「七夕」が一年の中でもっとも星見に適さない梅雨の真っ直中にあることが、日本人の星見人口が増えない原因の一つと言ったら言い過ぎか。旧暦でお祭りした方が合理的な気がするし、一億総出で星を見るきっかけにもなりそう。
 この前アン次郎さんが「観望会が雨や曇りで延期になるとモチベーションが下がっていく」とコメントしてくれたが、10年に1回くらいしか晴れない七夕では子ども時代に一度も星空を見上げることなく過ごしてしまうこともあり得ない話ではない。もっとも織女と牽牛は15光年離れているのだから10年に1回でも多すぎるというご意見もあるかもしれないが。
 今夜の変光星:R Sct 6.1等。雲のせいか眼が悪いのか、どうも暗く見積もり過ぎのよう。
別窓 | 雑感 | コメント:10 | トラックバック:1
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター