2007年、33年の時間を巻き戻し天文少年ならぬ天文壮年へ再入門。隊員1名。その後の変化でただいま星空は休眠状態。郷土史、草刈り、読書、ドローンの記事が多くなっています。
『天体の軌道計算』 新天文学講座14
2007-03-30 Fri 00:45
0703215.jpg 中学2年生の頃だっただろうか、雑誌『天文と気象』に対数を使う彗星の軌道計算法の記事が2ヶ月に渉って掲載された。ものすごく興味を引かれて丸善の『対数表』を買って見よう見まねの代入で軌道計算の真似事をやって楽しんでいた。当時まだ三角関数も対数も習っていなかったのでその部分は独習したことになる。この雑誌の記事は与えられた軌道要素を使って位置推算するという内容だったが、当然のことながら軌道要素も自分で算出したくなった。そこでこの本を買ったのだが、中学2年生の自分にはさすがに読みこなせなかった。その後もこの本は使われることが無かったのだが、理系へ進んだ自分にとっての思い出の一冊には間違いない。
『天体の軌道計算』 新天文学講座14 渡辺敏夫 恒星社 1969 定価1000円
別窓 | 星の本 | コメント:2 | トラックバック:0
| 霞ヶ浦天体観測隊 |

FC2カウンター